Ⅾesign

当店は、一般的には「高い!」というイメージのオーダースーツをお値打ち価格で販売しています。どんなにディティール・フィット感にこだわりたくても、既製品のスーツでは限界があるもの。その点、オーダースーツならどこまでもディティール・着心地にこだわったパーツを選ぶことが可能です。生地、ボタン、裏地、ステッチ、本切羽など、すべてを希望通りに組み合わせることで、世界に一着の「あなただけのスーツ」を作り上げることができるのです。

Build up British

シェイプドルック(Shaped look)と呼ばれるほどウエストが絞り込まれる一方で、胸にドレープが入りバックスタイルは美しい「Xライン」を形成。 英国ブリティッシュラインを基軸に、型を盛り上げたビルドアップショルダー (ロープドともいう)を採用。前裾を大きく切り落としたカッタウェイフロントにすることで立体感を出しつつ、胸から裾に向かって体に沿いながら流線をつくっている。


Itarian Classico

イタリアン・クラシックを基軸とした高めの釦位置、ハイゴージストレートラペルエッジの採用と、ウエストから裾にかけての自然なフレアードラインがバランスの取れたドレープ感と、バックスタイルをつくる。3釦でも第一釦を掛けない「ハーフ返り」で衿のシャープさを強調。


Napolitan Classico

ナポリスーツの特徴である「マニカ・カミーチャ」(シャツ袖)を採用。肩パットを省き、肩周りは多く生地をいせ込んでいるため、着用感は肩口が非常に楽になる。クラシコイタリアのラインを継承したハイゴージに、ウエストを高い位置で絞ってボディラインにフィットさせた美しいシルエットが特徴。このモデルは副資材を出来るだけ省き、「軽さ」を追求。


American Traditional

肩先に独自の丸みを出すために形成肩パットを使用した「ドロップショルダー」を採用。ゴージラインをやや高めに設定。ウエストから裾にかけてのラインは広がり過ぎないナチュラルフレア。胸ダーツを省いてウエストの絞りを抑えたアメリカン・トラディショナルはオーソドックス+機能性を取り入れた普通のスタイル。


Universal Standard

英国ブリティッシュを原型に極端な特徴を省き、ナチュラルなショルダーラインとウエストラインで着心地を重視したスタイル。極端な特徴を省いた分、行き過ぎのないアレンジが可能になり、最もスタンダードな万国共通シルエット。







数百種類のバリエーション豊かな生地の中からお好みの色、柄をお選びいただけます。